>

田舎暮らしに対する皆の大きな憧れとは

田舎暮らしの最大のメリットとは

やはり田舎に暮らす最大のメリットになるところは住環境の良さが都会の半額以下で手に入り、生活に余裕ができる事にあるでしょう。
都会の家賃の高さは目に余るものがあり、ウサギ小屋のようなマンションでも10万円以上の家賃がかかります。
一方、田舎暮らしの場合は都会の半分の家賃で一軒家に暮らすことも可能なのです。
この住環境の差は非常に大きいですし、これなら通勤時間を2~3時間掛けてでも田舎に暮らそうかという気になりますね。
そして都会暮らしでは絶対に味わえない自然に囲まれた暮らしというのは精神衛生上非常に効果があると感じます。
ストレスの解消にも繋がりますし、安定した気分で日々すごすことが出来るのは非常に大きなことだと思います。

田舎に引っ越す最大の人気の理由とは

まとめると最近の田舎へ引っ越す人の増加に関する人気の最大の要素はまず都会では絶対に得られない自然に囲まれた良好な住環境、そして住居の家賃の圧倒的な安さ、そして住居のグレードの高さ、さらに子供の教育上も自然の豊かさが大きく関与していると思います。
逆に都会暮らしと違って流行に敏感に暮らしたり、買い物やレジャーにはデメリットは出るかもしれませんが、それを補って余りある環境の良さが都会暮らしに疲れた人々にとってはとても魅力的に移るのかもしれないですね。
一昔前は人口都市集中化というのが当たり前で問題にもなっていましたが、これからは田舎へ引っ越す人の割合が増加し、人口密度の分散化が進むかもしれませんね。
ゆったりとした人間らしい暮らしをお求めの方は田舎へ引っ越すのも人生の非常に良い選択肢なのかもしれませんね。


この記事をシェアする