>

田舎志向の都市圏に住む家族が急増している

田舎暮らしを決める大きな理由とは

そして田舎暮らしを決断する大きな要因のひとつに核家族化による子供への教育や育て方の変化も上げられると思います。
都会で塾通いや習い事などで子供の余裕を奪うのならば、自然に囲まれた田舎のきれいな環境でのびのびと育てたいと感じる親の数が増えてきていると感じます。
親もそうですが子供も都会暮らしに疲れてきている感が大きくなっているようですね。
また親にしても自分の趣味を思い切り満喫したい人や自然の中での暮らしを求める人が増加しているのも大きいですね。
都会暮らしでは自然に親しむことはほぼ不可能ですし、環境の面での違いがものすごく大きく違いますね。
田舎ののびのびとした暮らしやすい環境ではすべてが開放され余裕が出来るのではないかと思います。

都会暮らしとどこが異なるのか

都会暮らしの最大の魅力としては文化圏や買い物、レジャーの面でのアクセスが非常に良いこと、流行に敏感に暮らすことができる事、都市圏に勤めているものにとっては職場へのアクセスの良さなどが上げられるでしょうか。
一方、田舎暮らしの魅力としては圧倒的な環境のよさ、自然とのふれあいが毎日できる事、のびのびとした気分で生活が楽しめること、やはり住環境の良さが大きなメリットとしてあるようですね。
一番都会暮らしと田舎暮らしの異なる点は物質的に便利だがストレスの多い都会暮らし、逆に交通や物質的にデメリットはあるが都会と違い圧倒的な環境の良い場所で暮らしが営めるかという違いが一番大きく目立った点になるかと思います。


この記事をシェアする