>

田舎への引越しが今とても人気な理由

最近の引越し先の傾向はどうなっているか

一昔前は住みたいところの上位には必ずといってよいほど都市部が上げられ、高層マンションなどは飛ぶように売れていましたが、最近はそういった傾向もずいぶん変わってきているようです。
最近の動向としてはまったく逆になっており、都心部より地方の田舎に住みたいという人が急激に増加しているようで、都心部のマンションなどは開き物件が逆に増えているそうです。
要因としては近年の皆のライフスタイルの変化が大きく影響しているのではないかと感じています。
ぎすぎすした都心部の暮らしよりも環境の良い田舎で余裕を持って暮らしたいといったニーズが高まっているのかも知れません。
アクセスの良い都会暮らしも魅力的ではありますが、通勤時間を多少犠牲にしてもゆったりした田舎暮らしを望む人が急増しているようです。

田舎に引越しを望む人が増えている

これには最近の景気の悪化や雇用情勢の悪さで、都会暮らしにストレスを感じている人が非常に増えているのがひとつの要因として挙げられると思います。
満員電車での苦しい通勤、仕事のサービス残業の多さや職場の人間関係の複雑さなどで日常のストレスから開放されないまま帰宅、そして家でも都会の環境のギスギスした中でストレスが発散されず、毎日を繰り返している人々にとってはきれいな環境で余裕のある暮らしをしたいと考えるのはごく自然な流れなのではないかと思います。
それには通勤時間が多少長くなっても田舎のきれいな環境でゆったり休むことの出来る暮らしにあこがれることはごくごく当然のことと思います。
そういった社会環境のおおきな変化が田舎に引っ越したい人々の特徴といえるでしょう。


この記事をシェアする